LABORATORY No.7 あなたはまだ肌の可能性を知らないかもしれない。薬学から生まれた革新のエイジングスキンケア

化粧品の原価はどれくらい?

化粧品の原価はどれくらい? 
一般的に原価が低いと言われている化粧品の世界。
 
「安い化粧水なんて水と変わらない」というような過激な発言を耳にすることもあります。
 
ですがそう言われても、どうしたらよい化粧品を選べるのかは簡単にはわかりません。
 
 
今回は、化粧品の価格構造や、原価と美容効果ついての『裏事情』のお話です。
 
「化粧品の夢を壊さないで!」という方は、読まないでくださいね。
 
 
 

 
 

【ズバリ、化粧品の原価はどれくらい?】

 

ズバリ化粧品の原価はどれくらい? 
『化粧品』とひとことで言っても、実は様々なものが『化粧品』に含まれます。
 
化粧水、クリームなどのスキンケア
石けんやクレンジングのような洗い流しもの
ファンデーションや口紅、アイライナーといったメイク品
日焼け止め
シャンプーやボディソープ
ハンドクリーム、ハンドソープ
歯磨き粉…
 
また100円ショップで買えるものから、数万円の高級化粧品まで。
 
 
あまりにカテゴリや価格帯が多岐に渡るので一律には言えませんが、化粧品の製造原価はだいたい15%~25%くらいです。
 
 
あいだを取って20%としましょう。
 
1,000円の化粧水を買うとき、200円が製造原価です。
 
 
製造原価はその化粧水をつくる原価のことで、以下のものが含まれます。
 
・中身の原料費
 
・容器代、パッケージ代
 
・実際に化粧水をつくるための製造工賃(人件費や設備費)
 
 
では残りの800円は?
 
ということで、ついでにお話ししますと、販売経路と化粧品会社がそれぞれ40%前後を取ります。
 
200円でつくられた化粧水は、化粧品会社から600円で販売店に卸され(化粧品会社の利益400円)、店頭で1,000円の値段で売られます(販売店の利益400円)。
 
 

 
  

【純粋な中身のお値段は…?】

 

純粋な中身のお値段は? 
では、1,000円で販売される化粧水が200円でつくられるとしたとき、純粋な中身の値段はいくらでしょう。
 
心情的には200円のうちほとんどが中身の原料費であってほしいと思いますが、実際は、むしろその逆となってしまいます。
 
 
なぜかというと
 
・製造工賃(人件費、設備費など)は、固定で発生してしまいます。
 
・容器や箱は、容器メーカーや紙資材メーカーなど外部から仕入れるので、コストダウンにも限界があります。
また、パッケージの見栄えはよくしないと商品が売れなくなるので、パッケージにはある程度お金をかけなくてはなりません。
 
そうすると自然と「中身を安く仕上げるのが最も簡単」ということになってきてしまうのです。
 
 
200円で化粧水をつくろうとしたとき、純粋な中身の原料費はほんのわずか。
 
10円~2、
30円程度で、容器代よりもずっと安い、ということも普通にある話です。
 
 
 
 

【中身の原料費と美容効果の関係】

 

中身の原料費と美容効果の関係 
化粧品がしっかりとその美容効果を発揮するためには、単に美容成分が入っているだけでなく、『効果を出す量で』入っている必要があります。
 
では、例えば30円くらいの原料費で化粧水をつくろうとしたとき、それは可能なのでしょうか。
 
 
結論から言うと、それはかなり難しいと言わざるを得ません。
 
 
どんな美容成分なのかによって、効果を出すのに必要な配合量とその価格は様々ですが、例えばビタミンC誘導体のAPPSという成分は、100mLの化粧水に有効な濃度を配合しようとすると、それだけで650円も原料費がかかってしまいます。(100mLの化粧水とは、一ヶ月とちょっと分くらいの容量です)
 
APPSは化粧品の成分の中でも高価な成分ですが、もし100mLで販売価格が1,000円のAPPS配合化粧水があったとしたならば、おそらくはまったく効果の期待できないような量でしかAPPSが入っていない、ということになります。
 
 
様々な分野の商品が数字で語られ評価される中で、美容成分の配合量を公開している化粧品はごく少なく、化粧品は実はかなり不透明な世界です。
 
だからこそ本質よりイメージが先行し、値段に対して原価が低くても成り立っている、ということが言えるのかも知れません。
 
 
 Column:誰も言わない『基礎化粧品の選び方』

   
 
 
お読みいただき、ありがとうございました。
 
この記事はLABORATORY No.7(ラボラトリーナンバーセブン)がご提供しています。
 
 
私たちは『日本の化粧品を変える』という信念のもと、本質だけを考えたスキンケア化粧品をお届けしています。
 
化粧品をお届けする側が、本来は隠しておきたいはずの原価の話をするのには、きちんと理由があります。
 
この原価のコラムだけでなく、このサイトには他では語られない化粧品の話や秘密が、たくさん載っています。
 
 
世界には、知るだけで得をする話、知らないだけで損をする話が、実はたくさんあります。
もし少しでも興味を持っていただけるなら、ぜひ他のコラムも読んでみてください。
 
きっと、もっとご自身の肌と化粧品に、興味と希望をもっていただけると思います。
 

 

化粧品 薬剤師 コスメ コスパ 原価 ラボラトリー APPS アプレシエ サクラン リピジュア


 
 
《関連Column一覧》
 
誰も言わない『基礎化粧品の選び方』
 
化粧品の原価はどれくらい?【実践編】 
 
日本の化粧品を変えなくちゃ。
 
 

 
Thanks for reading to the end
 
LABORATORY No.7
 


Top